二宮尊徳幼時之像

S0094293_

写真はクリックすると拡大表示します。

作 者/作者不詳

設置場所/鳥取市立美保小学校

設置年/不明

素 材/ブロンズ

サイズ/奥行き97cm 幅97cm 高さ245cm 

《周辺の空間の特長》

正面玄関左に植えられた2本の木(1本は松)の間に設置。

《作品のポイント》

幼時らしく表情には幼さが残る。他の石像(コンクリート像)と比べると、服装(履物含む)や薪のサイズが異なっている。
また、腰には印籠ではなく鉈(斧)を携えている。最大の相違点は、右足が前に出ている点ではないだろうか。

読んでいる本の表紙には「大学」と刻まれており、開かれたページにも漢文(?)が刻まれている。
作者名がちょうどお尻のあたりに刻まれているが、解読不能。

35.484332,134.223739

トップページへ