生田春月文学碑・相寄る魂

生田春月

写真はクリックすると拡大表示します。

作 者/辻晉堂

設置場所/皆生海浜公園

設置年/1984年

素 材/石(白御影)

サイズ/奥行き75cm 幅147cm 高さ196cm 

《周辺の空間の特長》

広い公園であり、犬の散歩やジョギングしている人をよく見かける。
U字の中央から日本海を眺められる仕組みだったそうだが、ちょうど真後ろに公衆トイレができたため何も見えない。

《作品のポイント》

皆生海岸が生田春月の自伝的小説「相ひ寄る魂」に登場する「浜灘」にあたるため設置された。
米子出身の彫刻家と米子出身の作家のコラボレーションである。
文学碑には「相ひ寄る魂」の一説が刻まれている。

35.461736,133.342969

トップページへ